中鉢 18cm 白黒バイカラー 吉田直嗣
5f5f12273ae0f40cf57bf88d 5f5f12273ae0f40cf57bf88d 5f5f12273ae0f40cf57bf88d 5f5f12273ae0f40cf57bf88d 5f5f12273ae0f40cf57bf88d 5f5f12273ae0f40cf57bf88d 5f5f12273ae0f40cf57bf88d 5f5f12273ae0f40cf57bf88d 5f5f12273ae0f40cf57bf88d 5f5f12273ae0f40cf57bf88d 5f5f12273ae0f40cf57bf88d 5f5f12273ae0f40cf57bf88d

中鉢 18cm 白黒バイカラー 吉田直嗣

¥8,090 税込

送料についてはこちら

吉田直嗣さんのモノトーンにハマってしまう方は多く、彼の作品はFOOD FOR THOUGHT店頭でも大変人気があります。私たちも吉田さんの作品が大好きです。 実は弊社の社員旅行でも静岡にある吉田さんのアトリエを訪れ、制作する様子を間近で見てきました。 お話しすると優しくてジェネラスで穏やかな吉田さんの眼が、轆轤に向かった瞬間、キッと鋭くなったかと思うと手が自然に動き、一瞬で器が出来上がって、また元の穏やかな吉田さんに戻っていたのが印象的です。まるで呼吸をするように自然にスルスルっと作品が産まれていました。 緊張感と緩やかさのリズム、経験と自信から来る手数を省いた挙動、きちんと整理整頓された制作環境、全てが必然のように吉田さんの作品とセットです。作品をならべて見ると、これは吉田さんそのものなのだなあと納得します。 白黒バイカラーは、真っ白に焼ける磁器土に、黒の作品で使っているのと同じ鉄釉をかけたもの。白の部分はいわゆる無釉になりますが、焼成後にしっかりと磨きをかけているため、ザラつきがなく、人肌のような滑らかさがあります。 吉田さん曰く、「バイカラーは、いかにパキッと白黒つけるかがポイントです」。 バイカラーの良さを余すことなく楽しめる傑作です。胴は吉田さん特有のするりと美しい白に轆轤跡がセクシーな鉢です。翻って見込みは真っ黒に鉄釉が施され、丸く優しい印象。 吉田さんの生み出す、ふくよかでリッチな色合い、繊細な手の感覚のみで成形されたデザインの秀逸さをぜひご家庭でお楽しみください。 直径 : 約18~18.8cm / 高さ : 約8.6~9.2cm 作家作品のため、釉薬、色、サイズに個体差があります。 吉田直嗣 1976年生まれ。東京造形大学卒業後、陶芸家黒田泰蔵氏に師事。 2003年富士山麓にて独立。 白と黒の器を中心に制作している。 ※使い始めは特別なケアは必要なくお使い頂けます。 ※ご使用後は中性洗剤で洗い、しっかりと乾かして下さい。 ※電子レンジ、オーブン、食洗機使用不可 ※返品・返金は一切お受けできません。ご購入の際は、ご理解頂きますようお願い致します。 〜お客様へお願い〜 当店で購入した作品をメルカリ等で高額で転売されている方がいます。 当店の作品は転売目的の方には販売しておらず、一切の転売行為は禁止しています。当店の作品をご購入される際、転売行為の禁止について承諾したものとさせて頂きます。 令和2年7月23日