NEWS

角田淳さんの作品の取り扱いが始まります!

FOOD FOR THOUGHTでは、大分県は宇佐市で作陶されている陶芸家・角田淳さんの常設での取り扱いを始めます。

明日6月12日、朝10:00:00より当店オンラインショップにて販売を開始致します。

まずは角田さんのシグネチャーである、半磁器のベースに様々なホワイト系の釉薬を掛けた作品を中心に扱いを初めていきます。

角田さんは言います。「私は手取りの重みを大切に作っています。見た目と手に持った感じに違和感がないように。それはきっと、いつも使うことへの安心感に繋がるのではないかと思っています。」

角田さんの器の魅力は、何を置いても毎日の食卓での使いやすさです。暮らしと馴染む器と言うのでしょうか。どの作品をみても盛り付ける料理が2つ3つ浮かんできます。手に持ってみると分かりますが、ボトムヘビーにしっかり挽かれた器には毎日手に取りたくなる暖かさや安心感があります。お子様が扱っても丈夫で安心!

とはいえ、輪花皿や花文様など、女性らしいエレガントな意匠も魅力的です。角田さんの作品からはどれも「勢い」や「スピード感」を強く感じるのですが、例えば輪花皿などは、勢いよく挽かれた丸皿に6点のごく小さな輪花文が入り、なんとも言えぬ優美さを持っています。FOOD FOR THOUGHTディレクターの渡辺有子は、この輪花皿を一目見て惚れ込み角田さんの作品の扱いを切望しました。

角田さんの作品を俯瞰で見れば、彼女がクリエイターであると同時に料理を作る家庭人の目線から作品を生み出していることがよく分かります。どの作品からもハッピーなオーラが感じられ、きっと楽しく作陶されているんだろうなぁと手に取ったこちらも嬉しくなるのです。

ぜひ毎日の食卓に角田淳さんの作品を使ってみてください!

少しずつ違う白のグラデーションが、画一的な大量生産品からは生まれ得ない食卓の「彩り」を、オーバーアクトすることなく作り出してくれることでしょう。